脱毛ラボホームエディション|vio処理時の安全で効果的なやり方を口コミをもとに徹底調査!

脱毛

脱毛ラボホームエディションは家で手軽に使える脱毛器として話題です。

しかし、デリケートなVIOゾーンの処理を自分でやるのはさすがに不安という方も中にはいるのではないでしょうか。
かといってお店に行ってVIOの脱毛をするのもそれなりの覚悟と勇気が必要ですよね。

そこでこの記事では、脱毛ラボホームエディションでVIOの処理はできるのか、また実際のやり方や効果的な使い方について口コミなどを参考に解説していきますので是非参考にしてみてください。

脱毛ラボホームエディションでVIO処理しても大丈夫?


脱毛ラボホームエディションはVIOに使うことが可能です。

これだけはやるな!VIO処理時の危険な使い方は?


VIO処理時の危険な使い方を紹介します。主に気を付けるべきは以下の2点です。
粘膜部分への使用
ほくろや黒ずみへの照射
まず公式でも書いてある通り粘膜への使用は避けましょう。VIOを処理する際は絆創膏等を用いて粘膜部分を保護したうえで処理するようにします。また、黒ずみ部分やほくろにレーザーを照射してしまうと痛みを感じたり、炎症を起こす原因にもなりますので、こちらもできる範囲で保護したうえで使うとよいでしょう。

VIO処理時の安全なやり方は?


まずは、使用したい箇所を数日前にシェーバーで剃毛しておきます。できるだけ剃り残しのないよう丁寧に行いましょう。

シェービングで処理した数日後に脱毛ラボホームエディションを使用したい箇所にあてて照射します。VIO処理は他の部位に比べ、よりデリケートな部位への使用になるためレベルは1~2程度の弱めでの使用がおすすめです。

レベルが低いと本当に効果が出るのか心配な方もいるかと思いますが、脱毛ラボホームエディションは痛みを抑えながらも効果をだせるよう開発されています。

「痛みが弱いと効き目も薄い」という噂をよく耳にしますが、痛みが強い=ムダ毛ケア効果が強いというのは実は嘘で、パワーが強くても痛いだけというのがすでに実証されています。

その為、脱毛ラボホームエディションのように痛みを感じづらい仕様であっても脱毛効果を実感することは十分可能ということです。

また先述したように黒ずみやほくろ、粘膜部分は絆創膏等の保護テープで隠してから使うと痛みの回避にもつながり安全に使うことができます。

VIOは黒ずみや粘膜があり、他の部位と比べ特殊な場所です。他の部位と同じ感覚で使ってしまうと思わぬ事態を招きかねませんので、十分に注意してご利用ください。

VIO処理した方の口コミから効果を調査!


実際にVIOを処理した方の口コミを集めました。

生えるスピードが遅くなりました
生えてくる毛が細いのもありほぼはえるのが遅くなったし綺麗をキープ!!満足してます!
脱毛初心者なので効果がでるのか半信半疑でしたが、しっかり脱毛効果がありました!!!感動しました。
Vは場所によってほんのチクッとした感じはありましたが思ったよりも痛くなくて、そして本当に冷やさなくてもよくて楽だというのが初めての感想でした。1番経過が分かりやすいのがVでした。

脱毛効果を実感している声が多く見られました。そして、冷やす必要がなくて楽という口コミも多く、脱毛ラボホームエディションについているクーリング機能も利用者にとって大きなメリットになっているようです。

まとめ


VIO処理時はまずはシェーバーで毛を剃り、黒ずみやほくろ、粘膜部分を絆創膏等の保護テープを用いて保護したうえで、低いレベルの照射にて脱毛を行いましょう。

基本的な使い方や安く買う方法については下記の記事でまとめていますのでさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

口コミから見る脱毛ラボホームエディションの効果が出ない理由3選!|効果的な使い方とは?安く買う方法はあるの?
手軽にできるセルフ脱毛として話題の「脱毛ラボホームエディション」は自分で毛の処理をしたい方におすすめの脱毛器です。顔やVIOのセルフ脱毛も可能になっている数少ない家庭用脱毛器ですが、口コミを調べると効果を実感している方も多くいる一...

コメント

タイトルとURLをコピーしました